イストを買取査定させた正直な感想

      2018/06/22

kurumameisi

イストの買取査定で、避けたほうがいい買取業者の特徴は下記の2点です。

・細かい傷でマイナス査定してくる
・イストは不人気だと平気で嘘をついてくる

イストの国内相場の半値以下で査定してくる業者もあるので、不人気で高値はつけられないなどというのは信じずに、買取業者は厳選するべきです。

※イストで高額査定をつけさせるポイント

イストは走行感覚に優れている評価を海外で得ており、中古車需要が高い車なので、海外販路を持っている業者であれば高額査定が可能です。

そのため私の場合、イストに強い買取業者3~4社から「同時に見積もり」を貰うことで、高額査定を引き出したのが下記「かんたん車査定ガイド」で、ネットの相場以上で売却できました。

thumb_a-satei_com
>>「かんたん車査定ガイド」公式サイト(無料査定1分)

絶対にやめたほうがいいのは、ディーラーと地元の買取業者でイストを大して売りさばくことができないと、足元を見られて低額査定させられます。

複数業者のほうが、取引を早く早めに決済させることもでき、買取業者に奨励金も渡している「かんたん車査定ガイド」が、今のところベストだと感じています。

イストの高額査定の一例

トヨタのコンパクトカーでは海外人気がとりわけ高い「イスト」ですが、査定においては業者によっては、下取りと変わらない値段をつけてくることがあります。

・海外でイストを売れる販路がある
・メンテナンス技術が高い

ただ、イストを高額で売りさばける下記のような買取業者を利用すれば、相場よりも20万円~30万円は上乗せできました。

トヨタ イスト (TOYOTA ist)


新車時の車両本体価格:159.5万円~205.5万円

買取価格相場:2.1万円~128.5万円

中古車価格相場:20万円~

カタログ燃費:15km/L~19km/L(10・15モード)

2016年月調べ

年式 グレード 走行距離 査定額
2007年(平成19年) 150G 70,001~75,000 km 135万円
2007年(平成19年) 150G 10,001~15,000 km 97万円
2007年(平成19年) 150G 85,001~90,000 km 72万円
2006年(平成18年) DBA-NCP60 15,001~20,000 km 70万円
2005年(平成17年) F 10,001~15,000 km 65万円
2005年(平成17年) 不明 30,001~35,000 km 60万円
2004年(平成16年) 1.3F(AT_1.3) 50,001~55,000 km 54万円
2005年(平成17年) 1.3F“Lエディション”(AT_1.3) 50,001~55,000 km 50万円
2006年(平成18年) 不明 45,001~50,000 km 45万円
2005年(平成17年) 不明 5,001~10,000 km 45万円

※上記は一括査定を利用した際のもっとも高い査定額になります。150Gや1.3 Fが買取の際に人気のようです

イストを20万円高く売るためには

イストの買い取り業者の買取額はどこも同じではありません。

言い値で売ると20万円以上も損することもあります。

慌てて車を売る前に、ネットで愛車の一括査定してみませんか?

複数社の見積もりが簡単にできるので、一番高額なところで車を売ることができます。

ネット上には多数の中古車一括査定サービスが存在しているのですがここで私がトヨタ車を20万円高く売った一括査定サービスを紹介します。

ネットで調べてみたら、他にもいろんな中古車の一括査定業者があるみたいですが、やっぱり大手で私でも名前を知っている大手での一括査定を選びました。

本当はディーラー下取りに出そうかと思っていたのですが、20万円も査定額が増えたので、一括査定で車を売って本当に良かったです。

イストの年式、グレード

年式 グレード
1998年(平成10年) .1.3
2001年(平成13年) 1.3F
2002年(平成14年) 1.3F Lエディション HIDセレクション
2003年(平成15年) 1.3F(AT_1.3)
2004年(平成16年) 1.3F”Lエディション”(AT_1.3)
2005年(平成17年) 1.3F HIDセレクション
2006年(平成18年) 1.5S_Lエディション
2007年(平成19年) 1.5S_Lエディション(AT_1.5)
150G
DBA-NCP60
F
HIDエディション
NCP60
NCP61-HHPGK(L)
S Lエディション

イストのカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン シルバーメタリック グレーメタリック
ブラックマイカ ダークブルーマイカ ディープアメジストマイカメタリック
グリーンマイカメタリック レッドマイカメタリック

ヴィッツにも通じる、ちょっとおしゃれなイメージが定着しているイスト。

2009年には、エンジンやトランスミッションなどの改良をし、エコカー減税にも適応させた。

現在では1,8リッターを廃止。1.5リットルのみのラインナップになったが新たにコストパフォーマンスに優れた150Xパッケージを追加した。

2011年8月の一部改良では外板の色にブロンズマイカメタリックを追加、室内はサイドへのエアコン吹き出し口をメッキリングドアトリムの表皮をドット柄に変更するなどのマイナーチェンジがされている。

イストを高額させていさせてみての現在について

イストから私が乗り換えたのが、黄色のニューヨークタクシーで有名なアメリカ先行発売された日産NV200バネット。

カー雑誌でNV200見た瞬間一目惚れした私。

長年乗り継いで来た歴代デリカスペースギアを税金やら修理が高額になってしまい渋々手放す事に。その後購入したイストは短期間で手放してのバネットでした。

私は趣味の釣りやスキーキャンプなど荷室スペースの確保は絶対重要です。

そして一番はファミリーカーっぽくないこのデザイン。

私は交差点で右も左も同じファミリーカーばかりの車は絶対に乗りたくありませんでした。

地元神奈川県湘南エリアの日産プリンスへ新車を購入する為見積もりに行きました。

なんと営業マンの方も同じ釣りが趣味で意気投合しかなりの金額値引きしてもらい即新車を購入出来ました。
仕事車で使用する方が圧倒的に多い4ナンバー登録。

イストの車検と買取査定について

4ナンバーだとエコカー減税適用でしたが車検が毎年になるのが嫌な為、5ナンバー登録の5人乗り仕様のNV200 ブラック(16X-2R)にしました。

最近ではよく見かける様になった5ナンバー登録車、プレミアムGXも発売されお洒落なNV200も増えて走って来てます。

内装がバンタイプより少し変わり多少高級感が出ますがあまり変わらない気もしますが税金は安くなりません。

普通車登録はこの内装分の重さがバンタイプより車重が重くなる為にエコカー減税適用外になるらしいです。

イストの外装やエンジンすべて一緒なのにそれだけで対象外とは何故なんだろうか。

私は趣味の釣りで毎月1000キロ以上高速走行します、5年目にして12万キロオーバー走行してますがノントラブルです。

燃費も高速なら15キロ、一般道で13キロと中々燃費が良いです。

足回りはバン特有の板バネなので後部座席は跳ね上げ感はあります、またエアコンの吹き出し口が後部座席にはありませんので夏場は冷えるまで時間がかかります。

エンジン排気量が1597ccと中途半端ですが高速もストレス無く走ります。

荷室も大型のクーラーボックスなら4.5個余裕で乗りますし、釣り竿もかなり積み込めます。

後部座席を畳めばオートキャンプも可能です、大人二人なら足伸ばせて寝れますのでキャンプにも最高の車だと思います。

メンテナンスもやり易い車なのでメカニック強い方なら楽しい車かなと思います、また基本バン仕様な為塗装が全体的に弱い気がします。

イストを買取査定させてみてよかったのか?

イストと比べてもデメリットはありまして、色褪せまではしませんがどうも塗装が甘く5年目でミラーの塗装が剥げてきました。

本当はアメリカ仕様のNVが欲しかったのですが残念ながら日本に輸入すると多額の費用がかかる為不可能でした。

冬は雪道を走行する事も多くFF車のNVに冬タイヤを装着すればある程度走れますがやはり4WDには敵わないと思います、そんなNVの4WDが今更ながら発売されかなり凹みました。

完全電気自動車のNVには魅力感じませんでしたが4WDのNV発売には完全にやられた感ありました。

今年二回目の車検時期でこの使用ペースならあっという間に20万キロオーバーなりそうな為、現在4WDのNV200に乗り換えるか検討していますが、4WD購入した翌年にハイブリッドNV200発売されるかもしれませんのでもう少し考えております。

新車でも比較的に安価で購入できる車、趣味や遊びもちろん仕事でもオールマイティーに使えるNV200は絶対おすすめです。

 - コンパクトカー