カローラルミオンを買取査定させてみた実際の感想

      2018/06/22

kurumameisi

カローラルミオンは、海外販売マーケットにおいて人気が根強く、中古価格もプレミアつく傾向があります。

それでもディーラー下取りは勿論、国内買取業者からは下記の点で、マイナス査定をつけられがちです。

・国内需要がないので安くなる
・マーケットに供給が多すぎる

また、傷や凹みを細かく聞かれて、査定を落とさせることもあり、買取業者を厳選することが非常に重要です。

※カローラルミオンで高額査定をつけさせるポイント

カローラルミオンを高額で売りさばける海外販路を持つ業者は限られますが、上手く査定させれば一般的な買取相場を大きく超える査定をつけることは可能です。

私が利用してカローラルミオンを高額で査定させる買取業者を4~5社競合させて、さらに高額査定させたのが下記の楽天オートで、相場のプラス20万円程度を出しました。

raku
>>楽天オートで複数社に査定させる(公式サイト、無料査定1分)

絶対にやめたほうがいいのは、ディーラーと地元の買取業者でカローラミニオンを大して売りさばくことができないと、足元を見られて低額査定させられます。

複数業者のほうが、取引を早く早めに決済させることもでき、買取業者に奨励金も渡している楽天オートが今のところベストだと感じています。

カローラルミオンの高額査定の一例

カローラルミオンは、車の性質上、海外ユーザーの中には、いまだに根強い人気があります。

・トヨタ カローラルミオン (TOYOTA COROLLA RUMION)

新車時の車両本体価格:~232.9万円

買取価格相場:78.6万円~151万円

中古車価格相場:75.9万円~199.5万円

カタログ燃費:17km/L(10・15モード)

2013年月調べ

年式 グレード 走行距離 査定額
2009年(平成21年) G limited 35,001~40,000 km 150万円
2008年(平成20年) Gタイプ スマートパッケージ 20,001~25,000 km 132万円
2009年(平成21年) 不明 15,001~20,000 km 125万円
2010年(平成22年) G 20,001~25,000 km 123万円
2008年(平成20年) 1.8エアロツアラー 55,001~60,000 km 120万円
2008年(平成20年) 1.5Gエアロツアラー 20,001~25,000 km 116万円

※上記はの一括査定を利用した際のもっとも高い査定額になります。Gタイプが買取の際に人気のようです

カローラルミオンを20万円高く売るためには


車の買い取り業者の買取額はどこも同じではありません。
言い値で売ると20万円以上も損することも・・・

慌てて車を売る前に、ネットで愛車の一括査定してみませんか?
複数社の見積もりが簡単にできるので、
一番高額なところで車を売ることができますよ!

ネット上には多数の中古車一括査定サービスが存在しているのですが
ここで私がトヨタ車を20万円高く売った一括査定サービスを紹介します♪

楽天オート

rakutencar>>楽天オート公式サイト(無料査定1分)

このフォームに入力するだけで、簡単に査定をすることができました^^

楽天オートのメリット

このようなポイントが、私が楽天オートで一括査定して良かったと思ったポイントです。
ネットで調べてみたら、他にもいろんな中古車の一括査定業者があるみたいですが、
やっぱり大手で私でも名前を知っている楽天での一括査定を選びました。

本当はディーラー下取りに出そうかと思っていたのですが、
20万円も査定額が増えたので、一括査定で車を売って本当に良かったです^^

カローラルミオンの年式とグレード

年式 グレード
2008年(平成20年) 1.5X
2009年(平成21年) 1.5X エアロツアラー
2010年(平成22年) 1.5G
1.8S
1.8S エアロツアラー
1.8S エアロツアラー 4WD

カローラシリーズで唯一となる全幅1760mmの
3ナンバーであるカローラルミオン。
北米ベースがモデルになっているが
日本向けにデザインや排気量などが少々手直しされており
1.8リットルと1.5リットルにCVTのトランスミッションを備えている。

センターメーターやインパネ、
スクエアなデザインなどの運転のしやすさが特徴となっている。
カローラにふさわしい、使い勝手や乗り回しの良さを
しっかりと引き継いだモデルとなっている。

1.5リットルと1.8リットルの両方のグレードに
エアロツアラーを設定しており
1.8リットルのグレードのみ4WDを選択可能で
スイッチにより、前輪駆動と4WDを切り替えることができる。

カローラルミオンを売却後に乗っている車について

スバル レガシィツーリングワゴン2.5iに乗っています。

購入時にはレヴォーグとどちらにするか考えましたが、レヴォーグの場合だとディーラーオプションでグレードの高いオーディオが無いということと、インテリアが古い感じなのでマッキントッシュの付いたレガシィにしました。

本物を見比べましたが、インテリアは格段にレガシィのほうが新しい感じがして良いです。レヴォーグは画面が2つあって派手なところはありますが、機能的な面ではそれほど大差ないと感じました。

レヴォーグはこれからマイナーチェンジで変わっていってしまいますが、カローラルミオンと比べてもレガシィツーリングワゴンは最終形なので(アウトバックは新しくなっていますが)、古くなっていく感じがしないことが良かったです。

マッキントッシュのオーディオは社外品の高級オーディオにはかなわないと思いますが、ディーラーオプションとしては充分な音質です。イコライザー的なものはなく音の調整はあまりできないということと、音量を上げるとホワイトノイズが目立つのはちょっと残念なところですが。

走りの面ですが、カローラルミオンよりは微妙ですが、まず燃費としてはリッター10.5キロが平均的です。

カローラルミオンを買取させたのは後悔していないか

しかし、夏場、冬場にエアコンをガンガンかけると、9.5キロくらいまで一気に下がります。

当然ですが車を止めてエアコンをガンガンかけた時間が長いともっと燃費は落ちます。

カローラルミオンと比較しても、このクラスの車ではパワーもあるほうなので、走りの性能は十分です。

SI-DRIVEでは渋滞でもなければSで走行していますが、加速は十分ですし、燃費も特に悪くなることはありません。S♯の場合は加速が良すぎて高速の追い越しでもなければ使用しません。

助手席の乗り心地はとても良く、隣に乗せた人からは「すごくラク」と良く言ってもらえます。走りで気になるのが、低速時のガクッガクッというノッキングのような現象です。すごい渋滞に巻き込まれた時のノロノロ運転時はこれが特に目立ちます。

ディーラーに言ってコンピュータデータを新しいものにしてもらいましたが、全く改善しませんでした。速度が上がれば加速はとてもスムーズなだけに余計気になるところでした。

カローラルミオンを再度査定させる可能性はあるのか

アイサイトは Ver.2ですが、感度は良好で車線のはみ出し、前車との車間距離など、とても良く反応します。警告音も不快ではないので特に気になりません。アイドリングストップ機能については、まあおまけみたいなものです。

この機能のためにバッテリーを少し高価なものにしないと不安で、その費用を考えるとアイドリングストップのガソリン代節約の恩恵は感じられません。

次に乗り換えるとしたら、インプレッサかXVです。理由としては、両車ともフルモデルチェンジをしてこれまでちょっと古い感じだったインテリアが抜群に良くなったからです。

価格もレヴォーグやアウトバックに比べると抑えられていてお得です。予算に余裕があるならハーマンカードンのついたアウトバックですが。

カローラルミオンから乗り換えた現在ではレガシィに乗っている現状ではスバル以外の車に魅力を全く感じません。

 - ワゴン、2ボックス