クラウンマジェスタを5社に買取査定させた結果

      2018/06/22

kurumameisi

クラウンマジェスタの買取査定で、絶対に避けるべき買取業者の特徴は下記です。

・細かい傷でマイナス査定してくる
・クラウンマジェスタは不人気だと嘘をついてくる

相場の半値以下で査定してくる業者もあるので、国内では不人気で高値はつけられないなどというのは信じずに、買取業者は厳選するべきです。

※クラウンマジェスタで高額査定をつけさせる方法

クラウンマジェスタは初代~6代目まで、海外人気は一貫して高く、販路を持っている業者であれば高額査定が出やすいです。

そのため私の場合、クラウンマジェスタに強い買取業者3~4社から「同時に見積もり」を貰うことで、高額査定を引き出したのが下記「かんたん車査定ガイド」で、ネットの相場以上で売却できました。

thumb_a-satei_com
>>「かんたん車査定ガイド」公式サイト(無料査定1分)

絶対にやめたほうがいいのは、ディーラーと地元の買取業者で、クラウンマジェスタは不人気などと難癖をつけて、足元を見られて低額査定させられます。

複数業者のほうが、取引を早めに決済させることもでき、買取業者に奨励金も渡している「かんたん車査定ガイド」が、今のところベストだと感じています。

マジェスタの高額買取の一例

高級4ドアセダンとして海外人気の高い「クラウンマジェスタ」は、販路を正しく持っている買取業者であれば、高額査定をつけさせやすい車種だと言えます。

・クラウン マジェスタ (CROWN MAJESTA)

新車時の車両本体価格:612万円~792万円

買取価格相場:~416.3万円

中古車価格相場:14万円~568万円

カタログ燃費:7km/L~11km/L(10・15モード)

2016年月調べ

年式 グレード 走行距離 査定額
2004年(平成16年) Cタイプ 35,001~40,000 km 300万円
2004年(平成16年) Cタイプ 65,001~70,000 km 215万円
2004年(平成16年) Cタイプ 70,001~75,000 km 176万円
2004年(平成16年) Aタイプ 65,001~70,000 km 170万円
2001年(平成13年) 3.0Aタイプ 55,001~60,000 km 100万円
2003年(平成15年) TA-JZS177 70,001~75,000 km 91万円
1999年(平成11年) Aタイプ 70,001~75,000 km 82万円
2000年(平成12年) Aタイプ 80,001~85,000 km 62万円
2005年(平成17年) Aタイプ 55,001~60,000 km 60万円
2000年(平成12年) C 55,001~60,000 km 50万円

※上記は一括査定を利用した際の参考査定額になります。CタイプやAタイプが買取の際に人気のようです

クラウン マジェスタを相場よりも高く売るためには

車の買い取り業者の買取額はどこも同じではありません。

クラウンマジェスタの場合は、言い値で売ると40万円以上も損することも多いようです。

慌てて車を売る前に、ネットで愛車の一括査定してみませんか?

複数社の見積もりが簡単にできるので、一番高額なところで車を売ることができます。

ネット上には多数の中古車一括査定サービスが存在しているのですがここで私がトヨタ車を40万円高く売った一括査定サービスとしては「かんたん車査定ガイド」が使いやすいと感じました。

ネットで調べてみると、他にもいろんな中古車の一括査定業者があるみたいですが、やっぱり大手で私でも名前を知っている大手での一括査定を選びました。

本当はディーラー下取りに出そうかと思っていたのですが、40万円も査定額が増えたので、一括査定で車を売って結果的に良かったです。

トヨタ クラウンマジェスタの相場

年式 グレード
1993年(平成5年) i-four
1994年(平成6年) Aタイプ
1996年(平成8年) Aタイプ Lパッケージ
1998年(平成10年) Cタイプ
1999年(平成11年) Gタイプ
2000年(平成12年) Gタイプ Fパッケージ
2001年(平成13年)
2003年(平成14年)
2004年(平成15年)
2005年(平成16年)

マジェスタのカラー

ブラック ホワイトパール
クリスタルシャイン
プレミアムシルバー
パール
シルバーメタリック ダークブルー
マイカ
サテンゴールド
メタリック

トヨタのフラッグシップモデルであるマジェスタ。

堂々とした存在感をアピールしながらも、非常に扱いやすいボディサイズである。

愛称はマジェ、マジェスタ。

クラウンマジェスタの起源は、マジェスタが発売になる2年前、8代目クラウンのV8専用グレード「ロイヤルサルーンG」。

初代から3代目までは直6エンジンを搭載したグレードが存在していたが、4台目以降は直6エンジンが廃止されV8エンジン専用車となった。

現行である5代目は、V8エンジンであることは変わらないが2WDが347psの4.6リットルエンジンで、4WDが280psの4.3リットルエンジンとなる。

GタイプのFパッケージでは、マジェスタでは初となるリアシートに大型のセンターコンソールを備えた4人乗り使用をラインナップしている。

クラウンマジェスタの買取査定後に購入した車について

クラウンマジェスタ売却後は、現在運転している車は、三菱自動車のekスポーツです。

以前は、同じ三菱自動車のエアトレックターボに乗っていたのですが、子どもが生まれたことを契機に、維持費が高い普通車から軽自動車に乗り換えることにしました。

これまで、運転免許を取得してから、運転する車はすべて普通車でした。

しかし、家内から経済面でかなり維持費が楽になるし、家内も運転がしやすい軽自動車にしたいと懇願され、泣く泣く普通車を手放し、軽自動車に乗り換えました。

クラウンマジェスタと比べても、軽自動車を選定するにあたって、やはりこれまでのエアトレックターボのようなトルクのある車が欲しかったので、軽自動車でも一番、ターボの評判がよいekスポーツをチョイスしました。

購入時期は2008年で、子どもが生まれた月に、すぐに乗換えを実施しました。

軽自動車は、5万キロ走るとダメになるというイメージがあったのすが、現在は8万7千キロを普通に走行できています。最近の軽自動車はかなり頑丈の出来ているものです。

クラウンマジェスタを高額買取させるのに重要だったこととは

ナンバープレートは、自分で選択できるようになったばかりで、子どもの誕生日である710を選択しました。子どもの名前は「さんた」と言うのですが、たまたまなのか、ナンバーを取得してみたら、さ710になりました。

数字は選択することが出来るのですが、それ以外は運なので、子どもの名前がナンバープレートに刻まれると、非常に気持ちがよいものです。

最初のうちは、5年程度で手放す予定だったのですが、ナンバープレートに非常に愛着を感じ、2008年から2018年の現在まで、10年間、乗り続けています。

電動スライドドアの初期故障が一度あり、何度かディーラーに持っていったことがありますが、それ以外は目だった故障もなく、10年間、安定したドライビングを楽しめています。

クラウンマジェスタについては、会社の車は普通車なのですが、それと比較しても非常にパワフルなエンジンで、会社の普通車よりも運転がしやすく、トルクもとても大きく満足しています。

これまで自動車は3年おきに乗り換えてきましたが、今の車はナンバープレートの愛着などから10年以上継続して運転しています。

家内も今のekスポーツが非常に気に入っており、故障するまで乗り潰す気持ちで運転しています。

クラウンマジェスタの査定額と車検の影響

10年運転していますが、これまで目立った交通事故もなく、クラウンマジェスタが走行距離はそろそろ9万キロに達しようとしているころに売却したの正解でした。車検も5回以上通しましたが、目だった指摘事項もなく、よい車に当たったと夫婦で喜んでいます。

今のekスポーツのターボは非常にマイルドになったらしく、2008年モデルのターボ車が一番パワフルな車であるということで、大事に運転していきたいと思っています。

昔は軽自動車というと、すぐに壊れるイメージだったのですが、さすが三菱自動車です。非常に頑丈です。

燃費はあまりよくなく、リッター10kmも走りませんが、トルクが非常にあるので満足してます。まだまだ現役でがんばって欲しい車だと思っています。

このまま息子と同じで20年の成人を迎えるかもしれません。

 - セダン