マークXを6社に買取査定させた結果

      2018/06/22

kurumameisi

初代も2代目も海外評価の高い「マークX」は、販路を正しく持っている買取業者であれば、高額査定をつけさせることは可能です。

・マークX人気の高い海外販路を持っている
・修理メンテナンスに強い

セダンとしては国内では微妙な評価をされることもあるマークXですが、正しい販路を持っている業者であれば通常買取のプラス50万円前後は引き出せます。

※マークXで高額査定をつけさせるポイント

マークXは初代~2代目も海外評価は高く、一部の買取業者にとっては高額査定の余地が高い車です。

私は、さらにマークXの査定が得意な業者を4~5社競合させて高額査定させたのが、下記の楽天オートで、相場のプラス50万円程度を出しました。

raku
>>楽天オートで複数社に査定させる(公式サイト、無料査定1分)

絶対にやめたほうがいいのは、ディーラーと地元の買取業者、マークXを大して売りさばくことができないと、足元を見られて低額査定させられます。

複数業者のほうが、取引を早く早めに決済させることもでき、買取業者に奨励金も渡している楽天オートが今のところベストだと感じています。

マークX 査定の一例と高額査定を引き出す方法

トヨタ マークX (TOYOTA MARK X)

新車時の車両本体価格:~502.8万円

買取価格相場:55.8万円~231.5万円

中古車価格相場:79.8万円~339万円

カタログ燃費:13km/L(10・15モード)

2013年月調べ

年式 グレード 走行距離 査定額
2010年(平成22年) 250G Sパッケージリラックスセレクション 5.001~10,000 km 270万円
2010年(平成22年) 不明 5,001~10,000 km 245万円
2010年(平成22年) 2500cc Sパッケージ 15,001~20,000 km 240万円
2007年(平成19年) 250G リミテッド 35,001~40,000 km 230万円
2007年(平成19年) 2.5GパッケージS ~5,000 km 184万円
2008年(平成20年) スマートエディション ~5,000 km 170万円
2006年(平成18年) GRX120 5,001~10,000 km 165万円
2007年(平成19年) 250G-S 35,001~40,000 km 160万円
2008年(平成20年) 250G 5,001~10,000 km km 158万円
2005年(平成17年) 300G PUREMIAMU 20,001~25,000 km 150万円

※上記は一括査定を利用した際のもっとも高い査定額になります。250Gが買取の際に人気のようです

マークXを20万円高く売るためには

車の買い取り業者の買取額はどこも同じではありません。

言い値で売ると20万円以上も損することも・・・

慌てて車を売る前に、ネットで愛車の一括査定してみませんか?

複数社の見積もりが簡単にできるので、一番高額なところで車を売ることができます。

ネット上には多数の中古車一括査定サービスが存在しているのですがここで私がトヨタ車を20万円高く売った一括査定サービスを紹介します。

楽天オート

rakutencar>>楽天オート公式サイト(無料査定1分)

このフォームに入力するだけで、簡単に査定をすることができました^^

楽天オートのメリット

このようなポイントが、私が楽天オートで一括査定して良かったと思ったポイントです。

ネットで調べてみたら、他にもいろんな中古車の一括査定業者があるみたいですが、やっぱり大手で私でも名前を知っている楽天での一括査定を選びました。

本当はディーラー下取りに出そうかと思っていたのですが、20万円も査定額が増えたので、一括査定で車を売って本当に良かったです^^

マークXの年式とグレード

年式 グレード
2003年(平成15年) 250G Fパッケージ
2004年(平成16年) 250G
2005年(平成17年) 250G リラックスセレクション
2006年(平成18年) 250G Sパッケージ
2007年(平成19年) 250G Sパッケージ リラックスセレクション
2008年(平成20年) 250G four Fパッケージ
2009年(平成21年) 250G four
2010年(平成22年) 350S
プレミアム
プレミアムLパッケージ

マークXのカラー

シルバーメタリック ブラック アイスチタニウムマイカメタリック
ホワイトパールクリスタルシャイン ジンジャーレッドマイカメタリック ブロンズマイカメタリック

マークXは、世界中でほとんどの量産車がFF化されていく中で、あえてFR車のメリットを追及していくモデルとなっている。

素直なハンドリングなどが主な特徴として上げられる。

そのルーツは、コロナから派生したマークⅡとなり現行のモデルはマークXに名前が変わってから2代目、通算で10代目となる長い歴史を持つものとなっている。

標準、プレミアム、スポーツという3つのグレードがラインナップされている。

ミニバンはいや、すっきりとした走りを求めている人に非常に好評価の車である。

マークXを高額買取させて乗り換えてよかったか?

マークを売却後は日産キューブの黒を運転しています。

10年以上ペーパードライバーだったのですが、妊娠をきっかけに、自転車や徒歩では買い物などが大変で、購入に至りました。

夫がトヨタのエスティマに乗っていましたが、仕事で使うのと、長年ペーパードライバーだった私には大きな車は運転が難しく、断念。

私専用の車を購入することになりました。

あまり予算もなかったので、まずは新聞やチラシなどで中古車を探していきました。

乗るのは自分と子ども、たまに夫の三人。使用目的は普段の買い物と幼稚園や習い事の送迎だけで長距離は乗らないので、初めは軽自動車で考えていました。

マークXと比較して査定されやすいか?

なんとなく丸いフォルムよりも四角いフォルムか好きだなと思い、見た目はスズキのラパンのような車を探していました。

マークXよりは、そのうちに、車検なしで、10年前のものですが30万のキューブと出会いました。

軽自動車ではなかったのですが、予算内だったのと、中は綺麗で広々していて、見た目も好みの四角いフォルム、試乗の感じも良かったので決めました。

この車にして良かったなと思うことは、やはり軽自動車よりも広いことでした。

今は広い軽自動車もありますが金額が高いですし、母がスズキのアルトに乗っていますが、広さが全然違うと感じます。

子どもの乗り降りも簡単ですし、先日フリマを出店したのですが、荷物もどっさり乗せることができました。

また、やはり見た目や内装がかわいいです。オーディオ周りやシートの触感など、女性が好きなデザインとして考えられていると感じます。

また、トランクの部分に傘をかけられる場所があったり、運転席と助手席の間にちょうどボックスティッシュが入る大きさの収納があったりと、細かいところまで乗る人のことを考えて設計されているなあと感じます。

そしてサイドブレーキが足元にあり、シフトレバーがハンドルの左側についていて、助手席との間がすっきりしています。

運転の練習をした教習所の車や実家の車はそれらが助手席との間にあったので、最初はとまどいましたがすぐに慣れました。

デメリットとしては、車自体にはあまり感じていませんが、乗用車なので軽自動車よりも税金が高いことでしょうか。
最初の購入金額は安く済んだものの、その後の自動車税や車検の際の税金が、年数が経っていることもあり高いです。

マークXの車検と査定額の関係

また、黒は汚れが意外と目立ちます。黄砂なのか花粉なのかわかりませんが、春頃は黄色い細かい粉のようなものがたくさんついていたり、泥はね汚れもはっきりとわかってしまいます。

車検が終わりマークXの売却時期について探っている人も多いと思うのですが、そろそろ今の車もトータルで15年位になるので、次回の車検か、その次の車検で買い替えを考えています。

次に乗るとしたら、子どもの乗り降りがしやすく、駐車スペースでのトラブル回避のためスライドドアは必須だなと思っています。

また、税金を抑えたいので今と同じくらいの広さがある軽自動車が良いと思っています。

車種で言うとスズキの新型スペーシアがCMの印象ではいいなと思っています。

低燃費で見た目もかわいくて、子連れに嬉しい機能がたくさんついているようです。

軽自動車でも新車だと高いので、また中古車で探すと思いますが、新古車というものもあることを最近知り、そういうのもいいなと思います。

新しい車を選ぶのはとてもワクワクします。色々と試乗して、また良きパートナーと出会えたらと思っています。

 - セダン