トヨタヴァンガードを買取査定させた結果

      2018/06/22

kurumameisi

トヨタヴァンガードの買取査定で、避けるべき買取業者の特徴が下記です。

・小さな傷でマイナス査定してくる
・トヨタヴァンガードは不人気だと嘘をついてくる

トヨタヴァンガードの国内相場の半値以下で査定してくる業者もあるので、不人気で高値はつけられないなどというのは信じずに、買取業者は厳選するべきです。

※トヨタヴァンガードで高額査定をつけさせるポイント

ヴァンガードは海外評価が特に高く、一部の買取業者にとっては高額査定の余地が高い車です。

そのため私の場合、ヴァンガードに強い買取業者3~4社から「同時に見積もり」を貰うことで、高額査定を引き出したのが下記「かんたん車査定ガイド」で、ネットの相場以上で売却できました。

thumb_a-satei_com
>>「かんたん車査定ガイド」公式サイト(無料査定1分)

絶対にやめたほうがいいのは、ディーラーと地元の買取業者のみに査定させることで、足元を見られて定額査定させられます。

複数業者のほうが、取引を早く早めに決済させることもでき、買取業者に奨励金も渡している「かんたん車査定ガイド」が今のところ最も信頼できると感じています。

ヴァンガード査定の一例と高額査定を引き出す方法

高級クロスオーバーSUVとして、特に海外評価の高い「トヨタヴァンガード」は、海外販路を持っている買取業者であれば、高額査定をつけさせやすいです。

・ヴァンガード人気の高い海外への販路を持つ
・凹み傷など含む修復メンテナンスが得意

ヴァンガードは現在だと生産停止で希少価値が高いこともあり、高値で販売できる経路を持っている業者に持っていければ、相場のプラス50万円近くは引き出せます。

トヨタ ヴァンガード (TOYOTA VANGURD)

新車時の車両本体価格:242万円~336.5万円

買取価格相場:99万円~143.7万円

中古車価格相場:118.8万円~308万円

カタログ燃費:10km/L~13km/L(10・15モード)

2016年月調べ

年式 グレード 走行距離 査定額
2007年(平成19年) 不明 20.001~25,000 km 194万円
2009年(平成21年) 240S 15,001~20,000 km 191万円
2007年(平成19年) 240S Gパッケージ 7人乗り 50,001~55,000 km 180万円
2007年(平成19年) 240S 55,001~60,000 km 160万円
2009年(平成21年) 3500 4WD 350S 20,001~25,000 km 150万円
2008年(平成20年) 240S 20,001~25,000 km 130万円

※基本的に上記をベースに、一括査定を利用することで、さらに高い査定額を狙っていくイメージになります。240Sが買取の際に特に人気ですが、240sでなくても強気で交渉はしやすいです

ヴァンガードを50万円高く買取りしてもらうために

車の買い取り業者の買取額はどこも同じではなく、ヴァンガードなどの場合は、海外価格との国内流通価格に差が大きいため、一括見積などでは高値が出やすい車種です。

複数社の見積もりが簡単にできるので、一番高額なところで車を売ることができるという視点で言うと、かんたん査定は業者のレベルが高く、彼らが勝手に競合してくれるので、値段も上がりやすいです。

ネットで調べてみると、他にもいくつか中古車の一括査定業者があるのですが、大手の一括査定の場合は、資金力のある買取業者が多いので、高額が出やすいです。

ディーラー下取りに出してもそこまで値段は変わらないと考えていましたが、50万円近く変わるということを考慮すると、一括査定は必須だと感じました。

ヴァンガードの年式とグレード

年式 グレード
2007年(平成19年) 240S 7人乗り 4WD
2008年(平成20年) 240S Sパッケージ 7人乗り 4WD
2009年(平成21年) 240S Gパッケージ 7人乗り 4WD
350S 7人乗り 4WD
350S Gパッケージ 7人乗り 4WD

2007年にさっそうとデビューした、ミドルサイズのSUV。そのベースとなっているのはRAV4だが、各部の質感あふれる造形により、上級SUVらしい高級感を演出している。

ボディを延長したことで2列5人乗りの他、3列7人乗りも設定。

エンジンは2.4リットル直4と3.5リットルV6が搭載される。

グレードは240Sと350Sが基本。

それぞれにGパッケージが設定されている。3.5リットルは4WDのみ、2.4リットルは4WDと2WDが用意されている。

査定させたヴァンガードから乗り換えた車について

ヴァンガードから乗り換えたのが、現在の私の愛車は「レクサスIS350」で昨年の5月に新車で購入しました。以前も旧型のIS250に乗っており、ISはとても気に入っているので乗り換えました。

以前乗っていたのは2500ccでそれなりにパワーがありましたが、加速がイマイチでしたので思い切って3500ccに乗り換えました。

最近はダウンサイジングターボがどんどん増えてきて自然吸気エンジンの車は少なくなりましたが、ヴァンガードと違ってIS350は自然吸気でとても気持ちよい加速が味わえるのがとても気に入っています。

またISはBMW3シリーズやメルセデスベンツCクラス、アウディA4などと同じクラスですが、これらよりもボディサイズが小さいのが魅力です。

ヴァンガードは高額査定させやすいのか

最近のヨーロッパ車はどんどん大きくなっていますが、ISはコンパクトなボディを維持している点が気に入っています。

IS350の魅力はやはりハンドリングが優れている点です。

適度にクイックですのでワインディングロードなどではキビキビと走ってくれてとても楽しドライブが楽しめます。

また高速道路でも適度に硬めの乗り心地なので長時間運転しても疲れ知らずですし、パワーがあるので遅い車を追い抜くときはストレスなく加速することができる点も気に入っています。

あまりパワーがない車だと追い抜くときもアクセルをグッと踏み込んでもあまり加速しませんし、音が大きくなるのでストレスがたまりますが、3500ccはかなりパワフルなのでとても運転が楽です。

また最近の車はハイブリッドが増えてきていますが、ISは自然吸気エンジンを守り続けている数少ない車でとてもフィーリングが良いのがそ、魅力です。

高排気量の車なので燃費が悪いのではないか、と心配していましたがそんなことはありません。

一般道ではリッターあたり10kmくらい走りますし、高速道路をゆったり走行するとリッターあたり13kmくらい走れます。

一方、デメリットもいくつかあります。まずボディサイズが小さいので後席が若干狭い点です。

ヴァンガードと比較した場合のデメリット

ヴァンガードと比べても体が大きな人が4人乗ると狭いと感じると思いますが、子供や体が小さな人なら問題ないと思います。

またトランクも3シリーズなどと比べると小さめです。これは旧型の時から変わっておらずもう少し改善して欲しかったなあ、と思っています。

しかし、それ以外の点ではあまりデメリットはないと思います。ISは日本ではあまり人気がない車ですが、もっと認知されてもいいのではないかといつも思います。

次に乗り換えるなら、やはり私はISにすると思います。ISは2019年にフルモデルチェンジすると言われていますがその時が楽しみです。

最近のトヨタ車はどんどん変わってきており、車が良くなってきましたので時期ISも良くなるのではないかと思います。

多少はボディサイズが大きくなると思いますが、あまり大きくならなければいいなあと思います。コンパクトで速い車は運転が楽しくて気持ちいいと思います。

 - SUV