実際に査定の際にチェックされる項目

   

kurumameisi


査定士さんが車を査定する際、
いったいどんなところに気を付けてチェックしているのでしょうか?

ここではチェックされる項目を解説していきます。

まずは書類一式のチェック

まずは書類一式があるかどうかのチェックをします。

・自動車検査証(車検証)
・メンテナンスノート
・保証書
・車の取扱い説明書
・自賠責保険証
・定期点検記録整備簿
・リサイクル券

書類を見ながら、車検の有効期限、車のグレード、車体番号などを細かくチェックします

車の外周りのチェック

車の外観部外周

違法改造の有無
塗装のはがれ、ムラ
車高
車体が傾いていないか

車の外観前面部

フロントガラス
ナンバープレート
キズや凹み
ライト部の異常があるかないか
下回りの確認

車の外観側面部

キズや凹み
タイヤのサイズと溝の有無
ネームプレートの確認

車の外観後方部

キズや凹み
ナンバープレート
下回りの確認
ライトのチェック

などを細かくチェックしています

車の内部

シートやマットの汚れ
各パーツの消耗度
走行距離
カーオーディオ、ナビなどが正常に起動するか
パワーウインドウの動作
不快なにおいがしないか

などのチェックをしています。

エンジンルームのチェック

車体番号の確認
オイルや冷却水が正常に機能しているか
車の修復歴

その他、スペアタイアや発煙筒などはあるかなどもチェックしています。

主に走行距離、年式グレード、修理履歴などが大きく査定額に関係してきます
内装なども細かくチェックしていますので
査定の前には車内の掃除をすませておくと査定額UPの可能性も?

また、キズや凹みを治す必要はありませんが
査定の際には簡単に車を洗車しておくことをおススメします。
それだけで査定士さんの印象が変わりますよ。

 - お役立ち情報